寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 弥彦競輪場

寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント
寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント

寛仁親王牌とは

平成2年8月アジアで初めて開催された「世界選手権自転車競技大会」(グリーンドーム前橋)を記念し、同年5月に行なわれた「世界選手権自転車競技日本大会特別記念レース」がルーツとなっている。

平成4年「世界選手権自転車競技大会」日本大会の名誉総裁をお務めになられた寬仁親王殿下(ともひとしんのうでんか)より“寬仁親王牌”が下賜されるとともに、それまでの1日開催から3日間開催のトーナメント戦となったため「世界選手権記念トーナメント(寬仁親王牌争奪)」と名称を改めて第1回が実施された。

平成6年、特別競輪(現在のGⅠ相当)に格上げされ、『寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』と名称変更された。

寛仁親王牌 注目選手

古性優作
古性優作
郡司浩平
郡司浩平
佐藤慎太郎
佐藤慎太郎
新田祐大
新田祐大
平原康多
平原康多
松浦悠士
松浦悠士
山口拳矢
山口拳矢

寛仁親王牌世界選手権記念トーナメント概定番組表

寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント概定番組表
寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント概定番組表

歴代記念優勝者

開催決勝年/場所氏名府県期別
第1回1992(平成4)/ 前橋吉岡 稔真福岡65
第2回1993(平成5)/ 前橋滝澤 正光千葉43
第3回1994(平成6)/ 前橋吉岡 稔真福岡65
第4回1995(平成7)/ 前橋小橋 正義新潟59
第5回1996(平成8)/ 前橋神山 雄一郎栃木61
第6回1997(平成9)/ 前橋神山 雄一郎栃木61
第7回1998(平成10)/ 前橋小橋 正義新潟59
第8回1999(平成11)/ 前橋児玉 広志香川66
第9回2000(平成12)/ 前橋神山 雄一郎栃木61
第10回2001(平成13)/ 青森小橋 正義新潟59
第11回2002(平成14)/ 前橋松本 整京都45
第12回2003(平成15)/ 前橋太田 真一埼玉75
第13回2004(平成16)/ 前橋小橋 正義新潟59
第14回2005(平成17)/ 青森小嶋 敬二石川74
第15回2006(平成18)/ 前橋後閑 信一群馬65
第16回2007(平成19)/ 前橋小嶋 敬二石川74
第17回2008(平成20)/ 前橋山崎 芳仁福島74
第18回2009(平成21)/ 青森海老根 恵太千葉86
第19回2010(平成22)/ 前橋市田 佳寿浩福井76
第20回2011(平成23)/ 弥彦浅井 康太三重90
第21回2012(平成24)/ 弥彦佐藤 友和岩手88
第22回2013(平成25)/ 弥彦金子 貴志愛知75
第23回2014(平成26)/ 弥彦深谷 知広愛知96
第24回2015(平成27)/ 弥彦園田 匠福岡87
第25回2016(平成28)/ 前橋稲垣 裕之京都86
第26回2017(平成29)/ 前橋渡邉 一成福島88
第27回2018(平成30)/ 前橋脇本 雄太福井94
第28回2019(令和元)/ 前橋村上 博幸京都86
第29回2020(令和2)/ 前橋脇本 雄太福井94

弥彦競輪場 周長400m

弥彦競輪場
見なし直線距離63.1m
センター部路面傾斜32゜24´17″
直線部路面傾斜2゜51´45″
ホーム幅員10.1m
バック幅員9.0m
センター幅員7.3m

最高上がりタイム 10秒70 鈴木 誠 2000/07/16

弥彦競輪場 決め手

弥彦競輪場 バンクの特徴

第4コーナー審判塔~決勝線52m。測定線および内縁線は長軸並びに短軸について対称であり、外縁線は短軸について対称である。(第1コーナーおよび第4コーナー、第2コーナーおよび第3コーナーが対称である。)400バンクにしては直線が長く感じる。

稼げている競輪予想サイト競輪ギア日本競輪投資会競輪JKI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ