ラストラン 近藤幸徳…病気と闘い38年/大垣競輪・ミッドナイト

近藤幸徳ラストラン…病気と闘い38年「悔いなくやり切れた」/大垣ミッド
近藤幸徳ラストラン…病気と闘い38年「悔いなくやり切れた」/大垣ミッド

ラストランを終え家族から花束を受け取りねぎらわれる近藤幸徳(中央)。左は3男の龍徳選手

近藤幸徳ラストラン…病気と闘い38年「悔いなくやり切れた」/大垣ミッド

近藤幸徳(58=愛知)が、38年間の選手生活に別れを告げた。ラストランとなった一般2Rは打鐘から仕掛けたものの6着だった。

レース後、選手仲間から花束を受け取った近藤は「デビュー戦(83年)の門司で先行して、ラストも勝てなかったけど先行できて良かった。悔いなくやり切れました」と感激の表情を見せた。

近藤の競輪人生は病気との闘いだった。デビュー10年目にC型肝炎を発症。練習もままならない中でS級を維持し続けた。晩年は脊柱管狭窄(きょうさく)症を患い、成績を残すことができなかった。

どんなに苦しい状況でも全力を出し切るレーススタイルは、多くのファンに感動を与えた。日常での礼儀正しさはまさに修行僧。レースが始まる前と終わったあと、ファンに向けて体を90度に折り曲げる最敬礼は印象的だった。負けても声援が飛ぶ数少ない選手の1人だった。

稼げている競輪予想サイト競輪アンビシャス競輪ライド

競輪アンビシャス 競艇予想サイト トップ画像
競輪ライド 競輪予想サイト 口コミ

近藤幸徳 競輪選手 プロフィール

近藤幸徳 競輪選手
氏名近藤 幸徳
フリガナコンドウ ユキノリ
府県愛知県
生年月日1963/05/16
年齢58歳
性別
登録番号010761
期別52期
級班A級3班
級班所属日2020/01/01
次期級班A級3班
脚質
今期得点62.65

近藤幸徳(こんどう・ゆきのり)1963年(昭38)5月16日生まれ。
通算3261走、1着516回、2着355回、3着305回、着外2014回。
03年2月の小松島G2西王座戦で決勝進出。息子はS級1班の近藤龍徳。



line@友達追加


稼げる競輪サイトをチェック‼︎ ▷


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ