持続化給付金受給、競輪選手2146人

競輪ニュース
競輪ニュース

38名が誤申請 ~持続化給付金及び家賃支援給付金~

持続化給付金受給 コロナ

日本競輪選手会は18日、全選手を対象に、持続化給付金及び家賃支援給付金の受給の有無、申請理由及び申請時期などを調査し、全2323人のうち、持続化給付金は2146人、家賃支援給付金は128人が受給、そのうち追加調査で制度を誤って申請した計38人については返納を指導し、選手会の調査に非協力的だった3人に対しても指導したと発表した。なお、家賃支援給付金を受給した選手1人は既に引退している。

競輪は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から昨年4、5月に開催中止が相次ぎ、年間合計で73開催が中止となった。また、「3密」を回避する観点から昨年7~9月にG1、G2以外は全て9レース制となり、1レースあたりの選手数を7人に削減する対応を行い、選手全体の出場日数は減少した。そのため、選手たちは新型コロナウイルス感染症による出走の影響を受けていることから、経済産業省及び競輪を統括するJKAの協力を得つつ慎重に進めてきた。

再発防止策として、個人事業者に対する公的給付について、関係当局及び専門家などに受給要件などの確認を行ったのち、関係団体と協議を行ったうえで正しく申請を行うよう指導していく。また、必要に応じて窓口を設置して対応する。

新型コロナウイルス対策の持続化給付金とは?

特別定額給付金

申請を行い世帯主の口座に、給付対象者1人につき10万円が支給された。
※全ての市区町村で特別定額給付金の申請の受付は終了しています。

持続化給付金

事業全般に広く使える給付金、中小法人等は200万円、個人事業者等は100万円
※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

家賃支援給付

5月の緊急事態宣言の延長等により、
売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、
地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金

支給対象(①②③すべてを満たす事業者)

①資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人も幅広く対象。


②5月~12月の売上高について、
・1ヵ月で前年同月比▲50%以上 または、
・連続する3ヵ月の合計で前年同期比▲30%以上


③自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払い

家賃支援給付の給付額

法人に最大600万円、個人事業者に最大300万円を一括支給。

家賃支援給付の給付額

不正受給は立派な犯罪

不正受給は立派な犯罪

選手会の調査に非協力的だった3人に対しても指導したと発表した。
なお、家賃支援給付金を受給した選手1人は既に引退しているって。。。責任をとって引退? 

誰が引退したのか? 誰が不正受給をしたのかは発表されていない。

記者会見はされるのかも不明で、このまま闇に消えるのでしょうか?

競輪ファンは真相が知りたいと思います。

競輪を楽しく賢く稼ぐならおすすめ

稼げている競輪予想サイト競輪アンビシャス競輪ライド

競輪アンビシャス 競艇予想サイト トップ画像
競輪ライド 競輪予想サイト 口コミ


line@友達追加


稼げる競輪サイトをチェック‼︎ ▷


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ