可愛いすぎるガールズケイリン 石井 寛子(いしいひろこ)競輪選手

2021年05月22日 川崎競輪場 WINTICKET杯 2R 石井寛子 ガールズ24連勝記録
2021年05月22日 川崎競輪場 WINTICKET杯 2R 石井寛子 ガールズ24連勝記録
石井 寛子(いしいひろこ)競輪選手 ガールズケイリン
氏名石井 寛子
フリガナイシイ ヒロコ
府県東京都
生年月日1986/01/09
年齢35歳
性別
登録番号014963
期別104期
級班L級1班
級班所属日2017/07/01
次期級班L級1班
脚質
今期得点56.60

稼げている競輪予想サイト競輪アンビシャス競輪ライド

競輪アンビシャス 競艇予想サイト トップ画像
競輪ライド 競輪予想サイト 口コミ

石井 寛子(いしい ひろこ、1986年1月9日 )

女子競輪選手。日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)第104期生。日本競輪選手会東京支部所属。ホームバンクは京王閣競輪場。

妹の石井貴子も競輪選手で、競輪学校でも同期生であった。

石井 寛子(いしい ひろこ) 経歴

埼玉県春日部市出身。埼玉県立杉戸農業高等学校に入学直後、同校自転車部の勧誘により入部したことをきっかけに選手生活をスタート。

2003年に山梨県境川自転車競技場で行なわれたJOCジュニアオリンピックカップのスプリントで2位に入った。

高校卒業後、明治大学文学部に進学。大学在学中の2007年、ACCトラックアジアカップ(いわき平競輪場)・ケイリンで優勝。全日本大学対抗自転車競技選手権では3km個追抜競走とポイントレースで優勝する。

社会人1年目となる2008年、6月に行われた全日本自転車競技選手権大会(前橋競輪場)のポイントレースで優勝。同年7月から9月まで開催されたエキシビションイベントであるガールズケイリン「サマービーナスシリーズ」では、3戦中2戦で優勝。

2009年、1月から3月まで開催された、エキシビションのガールズケイリン「2009 Venus series」でも6戦中5戦で優勝し、同イベントでは通算9戦中7戦で優勝するという、圧倒的な強さを見せた。第29回アジア自転車競技選手権大会では、ケイリン2位。ポイントレースとチームスプリント(和田見里美とのペア)では3位に入った。

2010年、エキシビションのガールズケイリンにて6戦中3戦で優勝。また、全日本自転車競技選手権大会ポイントレースで優勝。

2011年、全日本自転車競技選手権大会では、いずれも新種目となったチームスプリント(前田佳代乃とのペア)、ケイリンで優勝し、初代優勝者として名を刻んだ。12月16日、妹の貴子とともに競輪学校の第104回(女子第2回、技能)入学試験に合格。

2012年、全日本自転車競技選手権大会で、前田佳代乃と組んだチームスプリントで優勝し、コンビとしても連覇達成。トラックワールドカップ・カリ大会では、前田佳代乃とのコンビで2位。

2013年、3月27日に行われた競輪学校卒業記念レースで、オール1着の完全優勝。競輪学校時代の在校競走成績は57戦52勝で第1位であった。4月10日、日本競輪選手会東京支部の競輪選手として登録され、5月10日の京王閣競輪場でのデビュー戦で初勝利を挙げた。翌11日も勝利して迎えた5月12日の決勝でも圧勝し、デビュー場所で完全優勝を果たした。6月2日、平塚での決勝で、ガールズケイリン史上初のデビュー9戦無敗を記録。9月15日、『ガールズケイリンコレクション2013京王閣ステージ』にてファン投票2位で選抜され、ガールズケイリンコレクション初出場初優勝を果たす。これで、当節を含め8場所連続優勝となった。

2014年、3月22日に行われたガールズケイリンコレクション名古屋ステージで優勝し、コレクション連覇を果たす。5月1日、静岡競輪場で通算100勝を達成。

2017年、8月12日に行われたガールケイリンコレクションいわき平ステージのアルテミス賞レースで優勝。12月28日に行われたガールズグランプリで、5回目の出場で初優勝。そして同年は22,631,000円の賞金を獲得、初の年間賞金女王ともなった。

2018年、7月16日に行われたガールズケイリンフェスティバル(松戸)で優勝。これにより、グランプリ、コレクションと合わせてガールズケイリン特別競走のうち優勝賞金が200万円以上のビッグレースを全て制覇。年間通しても安定した成績を残し、獲得賞金額1,580万円は児玉碧衣に次ぐ2位であった。

2019年、2月17日の小倉ミッドナイト競輪2レースで1着となり、奥井迪に次いでガールズケイリン二人目となる通算300勝を達成(405戦目での達成。勝率.741)。登録日から5年10ヶ月7日(登録日を含まない)での達成であった。ガールズケイリンでは登録日から7年以内に通算300勝を達成すれば表彰対象とするという規程があり、3月6日に京王閣競輪場にて表彰式が執り行われた。8月17日、ガールズケイリンコレクション名古屋ステージ・ガールズドリームレースで児玉碧衣の番手から差し切って優勝、コレクションは4度目の制覇となった。8月25日、松阪(FII)決勝で2着となって、ガールズケイリン史上初の通算取得賞金1億円を達成した。

2020年、6月21日のいわき平FII(ナイター)にてガールズケイリンでは史上初となる通算100回目の優勝を達成。

2021年、2月4日の西武園FI(ナイター)初日第7レースで1着となり、ガールズケイリン初の通算400勝を達成。デビューから553戦目、7年8か月26日目での達成であった。5月5日の福井FIIで優勝し、ガールズケイリンでは初となる全場制覇(優勝)を達成。開催実績のある全国41競輪場のうち、建て替えで休止になるまで自身に全く配分のなかった千葉を除く全国40の競輪場全てで優勝を果たした(熊本でも震災による休止前に優勝経験がある)。最後に残ったのが配分の機会が殆どなかった福井で、2回目の配分である今回、優勝を果たし快挙を達成した(なお、小田原と小松島では女子選手用控室がないため、ガールズケイリン開始以来開催実績はない)。5月22日の川崎FII(ミッドナイト)2日目第2レースにて勝利し、24連勝を達成。梶田舞と児玉碧衣が持つガールズケイリン最多連勝記録に並んだが、翌23日第8レースの決勝戦では2着となり、記録更新はならなかった。

石井 寛子(いしい ひろこ) 主な獲得タイトルと記録

  • 2013年 – ガールズケイリンコレクション京王閣ステージ(9月)
  • 2014年 – ガールズケイリンコレクション名古屋ステージ(3月)
  • 2017年 – ガールズケイリンコレクションいわき平ステージ・アルテミス賞(8月)、ガールズグランプリ2017(平塚競輪場)
  • 2018年 – ガールズケイリンフェスティバル(松戸競輪場)
  • 2019年 – ガールズケイリンコレクション名古屋ステージ・ガールズドリームレース(8月)
  • 年間賞金女王1回 – 2017年
  • 通算300勝達成 – 2019年2月17日、小倉FII2日目第2レース(史上2人目。表彰対象)
  • 通算取得賞金1億円達成 – 2019年8月25日、松阪FII決勝戦(史上初)
  • 通算100回優勝 – 2020年6月21日、いわき平FII(史上初)
  • 通算400勝達成 – 2021年2月4日、西武園FI初日第7レース(史上初)
  • ガールズケイリン全場制覇(40か所。自身に配分のなかった千葉と、開催実績のない小田原、小松島を除く。史上初)
  • ガールズケイリン連勝記録 – 24連勝(2021年3月19日 – 5月22日)※梶田舞、児玉碧衣とともにタイ記録
line@友達追加
稼げる競輪サイトをチェック‼︎ ▷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ