ガールズケイリン 小林優香 別府ナイター競輪で完全勝利

競輪ニュース
競輪ニュース
ガールズケイリン 小林優香

別府ナイター競輪(FⅡ)は30日に2日目を開催。10月1日に最終日を開催する。ガールズケイリン決勝11Rは小林優香(27=福岡)の完全Vに注目が集まる。

 連日、危なげないレース運びで圧巻の強さを示している。「仕掛けるべきところから動けているし2日目は良かった。疲れも徐々に抜けてきたし決勝は状態が良くなるはず!」と自己ジャッジも上々だ。

 東京五輪を終えて本業に復帰してここが3場所目。だんだんとレースでの判断や感覚も戻ってきている。「(年末のガールズ)グランプリを取るまではまだまだ挑戦者」と目標も高いところに設定している。

 そのためにも一戦ずつ大事に戦っていきたいところ。決勝は爆発的なパワーまくりを放ち、妹弟子の尾方真生(22=福岡)たちに力の違いを見せつける。

ガールズケイリン 小林優香 プロフィール

ガールズケイリン 小林優香 プロフィール
氏名小林 優香
フリガナコバヤシ ユウカ
府県福岡県
生年月日1994/01/18
年齢27歳
性別
登録番号015032
期別106期
級班L級1班
級班所属日2017/07/01
次期級班
脚質
今期得点58.00

母親はバレーボールの元実業団選手で、この影響を受けて自身も幼少の頃からバレーボールに取り組み、熊本市立必由館高等学校時代には2010年に行われた全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ)に出場した経験を持つ。

しかし、垂直跳びの記録が60cmを越すにもかかわらず、身長が164cmとバレーボール選手としては小柄なためポジションは跳躍力をさほど必要としないセッターやリベロに限られていた。このことが当人には不満で、中学を卒業した時点でバレーボールには限界を感じていたが、高校そして短大と、いずれもバレーボール部での活動を前提にした推薦入学が決まっていたことから、その後も活動を続けていた。

2012年、たまたまテレビで見たというロンドンオリンピック・男子チームスプリントに魅了され、ガールズケイリンを志望することを決意。佐賀女子短期大学在学中に競輪学校を受験し、同年12月20日、競輪学校第106回適性試験に合格。

wiki参照

稼げている競輪予想サイト競輪ギア日本競輪投資会競輪JKI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ