【取手競輪・ガールズ】石井寛子「まずは伝えたいことがあります」

【取手競輪・ガールズ】石井寛子「まずは伝えたいことがあります」

【取手競輪・ガールズ】石井寛子「まずは伝えたいことがあります」

【取手競輪・ガールズ】石井寛子「まずは伝えたいことがあります」

今開催が始まる前にまずは2つ伝えたい事があると話す石井。

「まずは今後応援してもらえるように。しっかり走って見てもらえるように頑張りたい。そして、2人(児玉碧衣佐藤水菜)の早い回復を願っています」

 昨年末のグランプリでは失格と悔しい結果(選手人生で初めて)。児玉と佐藤が落車したということもあり、苦しい心境ではあると思うが石井自ら話してくれた。

「まずはガールズグランプリでの失格で関係者、ファンの皆様にはご迷惑をお掛けしました。グランプリではできる限りのレースをした上で失格の結果となり、大変申し訳ありません」

「3コーナーでの動きが前の6番選手(山原さくら)と接触しそうになり、外側に進路変更したときに1番選手(児玉碧衣)のハンドルが引っかかってしまい外に引っ張られる形となってしまいました。決してブロックするつもりはなかった。児玉(碧衣)さん、佐藤(水菜)さんにケガを負わせる形になってしまったことが本当に心苦しい」と話す。

 そして、直前に大垣で行われた『ガールズコレクションタイムトライアル』で優勝しての今開催を迎えたわけだが、大垣に向けてかなり追い込んだ練習をしたようでオーバーワーク気味だったのか、思うように体が動かなかったそうだ。

「始まる前に自分で『グランプリの事があったから、皆に見てもらえるように』って言ったのに初日5着。何やってんだ私…。ってなりましたよ。ただ、最終日に向けて徐々に抜けていってくれたのか、3日目にピークを持っていく事が出来ました」

 優勝をしたものの、やはり浮かない表情。

「気持ちは落ちているし、優勝しても嬉しい感じにはならなかった。頑張っていかないとなと思いました。年末のことはまだ引きずっていますね…。正直、まだ切り替えられていないです」と苦しい胸の内を語った。

「自分には車券で貢献することしかできない。また応援して頂けるように努力します」と締め括った。

 苦しいながらも思っていることを伝え、記者からの問いにも真剣に応えてくれた石井。

 葛藤がある中ではあるだろうが、応援する競輪ファンのためにも目の前の一戦、一戦に真摯に向き合い、年末へ向けて歩み出している。(アオケイ・宮本記者)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ