新SS班吉田拓矢が落車 | 東日本発祥倉茂記念杯(大宮競輪)

競輪ニュース
競輪ニュース
新SS班吉田拓矢が落車 | 東日本発祥倉茂記念杯(大宮競輪)

SS班に入ってからのアクシデント! 怪我を治して復帰をお待ちしてます。

お大事にしてください。

大宮競輪:東日本発祥倉茂記念杯 G3 2日目 1月16日

新SS班の吉田拓矢(26=茨城)が、2予11R最終1角過ぎに前輪を払われて落車した。左膝膝蓋(しつがい)骨の脱臼で全治31日と診断された。3日目から欠場する。

吉田は今年初戦の立川G3を優勝と、幸先のいいスタートを切ったばかりだった。来月2月20日からは地元取手でのG1全日本選抜が控えている。

【動画】吉田拓矢が落車

倉茂記念杯とは

東日本競輪発祥68周年!競輪の生みの親
「倉茂氏」をたたえた記念開催!

東日本競輪発祥の地である大宮競輪では、「競輪の生みの親」である倉茂氏の功績を末永くたたえ、今後の競輪界の発展を図るため、平成14年1月の53周年記念競輪から「倉茂記念杯」と銘打って開催。

倉茂貞助氏の功績

昭和22年9月、倉茂貞助氏は、海老澤清文氏とともに設立した「国際スポーツ株式会社」において”報償制度併用による自転車競走”という企画を立てた。この企画を実現するためには法制化が必要であることがわかり、昭和22年10月に「自転車競技法期成連盟」を結成した。

その中で、制場に倣った”車券付き自転車競技”への方向転換がなされるとともに、倉茂氏は「自転車競技法」の原案を作成し、GHQをはじめ国会に積極的に働きかけ、自転車競技法成立の大きな原動力となった。同法が昭和23年7月に成立すると、関連諸規則の成案、実施機関の設立などの法律施行に努めた。

その後、倉茂氏は「自転車振興会連合会(現:(公財)JKA)」の設立に力を注ぎ、自ら常務理事として、小倉、住之江、大宮に始まる全国各地での競輪場の開設、選手の養成や運営体制の整備に尽力した。昭和32年10月に日本自転車振興会の参与に就任してからは、競輪に従事する競技会職員や選手に対する講演活動を行うとともに、一般の人々にもPR活動を行った。

昭和58年11月、競輪界への多年にわたる功績を高く評価され、業界初の通商産業大臣賞を受賞した。

また、倉茂氏は”賭けの研究家”としても知られ、百科事典への賭け事関連の執筆のほか、主な著書として「世界の賭け事(東洋経済新報社/1957年)」、「賭:サイコロからトトカルチョまで(荒地出版社/1959年)」、「わが国の賭けごと史(日本自転車振興会/1974年)」、「競輪誕生の思い出<自転車競技法成立までの秘録>(週間レース社/1979年)」などがある。

稼げている競輪予想サイト競輪ライジン・日本競輪投資会競輪JKI

競輪予想サイトBESTランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ