松山競輪の歴史と特徴を徹底深掘!

松山競輪の歴史と特徴を徹底深掘!

松山競輪のバンクについて解説

旧・松山競輪場は500バンクでしたが、今の松山競輪場は400バンク。

直線は58.6mとやや長めなのですが(400バンクで一番長いのは武雄の64.4m、一番短いのは佐世保の40.2m)、カントは34°1′48″とキツめです(400バンクで最もカントがキツいのは松阪の34°25′29″、緩いのは西武園の29°26′54″)。

直線だけ見ると差しが決まりやすいように思われるかもしれませんが、カントがキツいので高速バンクとなっていて、先行逃げ切りや捲りが比較的決まりやすいのが特徴

他場よりも自力選手がやや有利な場です。ラインでの決着も多い傾向にあります。

松山競輪場の歴史

今でも天守閣を残している数少ない城のひとつ、松山城。1949年(昭和24年)、その敷地内に戦後復興事業の一環として旧『松山競輪場』は開設されました。

それから長い年月が過ぎ、老朽化した施設は改修整備が必要となりました。しかし国の重要文化財に指定されている松山城の敷地内では改修工事が許されず、2005年(平成17年)に重信川の川沿いに造られた松山公園内に競輪場は移されたのです。ちなみに隣にはプロ野球の試合も行われる『坊ちゃんスタジアム(松山中央公園野球場)』があります。

特別競走は2009年(平成21年)にG1『オールスター競輪』、2011年(平成23年)にG2『サマーナイトフェスティバル』、2013年(平成25年)にG1『全日本選抜競輪』、2018年(平成30年)にG2『ウィナーズカップ』が行われています。

ナイター競走は2009年(平成21年)に初めて開催されました。これは四国の競輪場では初めてのことでした。2019年(令和元年)からはミッドナイト競輪も行われています。

稼げている競輪予想サイト競輪チャリ活 競輪ギア 競輪ライジン 日本競輪投資会競輪JKI

競輪予想サイトBESTランキング

LINE@で『オススメ情報』を配信中‼︎

line@オススメ情報

LINE@で提供をしている『オススメ情報は、情報サイト名とプラン(商品)をサイト毎にご紹介をしています。

さらに、激アツ情報は『』がついています。

無料で利用ができますので、
稼げる競輪を楽しみましょう。



line@友達追加


LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ