違反点数累積で競輪選手はお寺行き

競輪知識
競輪知識

競輪選手は競走中に違反行為をすると「違反点数」が科せられます。

走行注意(走注)2点
重大走行注意(重注)10点
失格30点
競輪予想サイトBESTランキング

恐怖の特別指導訓練

違反点数累積で競輪選手はお寺行き

違反点数の集計期間は、上期1月~4月、中期5月~8月、下期9月~12月の4カ月単位。

累積90点以上で、日本競輪選手養成所で4泊5日の『特別指導訓練』が課せられます。

交通費・受講費などの必要経費はすべて自腹で、
携帯電話や電子機器類などの持ち込みも不可で飲酒厳禁の外出禁止の強制参加です。

競輪関係者ではこの施設を『修繕時』と呼ばれていますが、”噂のお寺行き”とは違います。

あっせんをしない処置

120点以上〜149点未満1カ月のあっせん停止
150点以上〜179点未満2カ月のあっせん停止
180点以上3カ月のあっせん停止
上述とは別の集計期間(直近4カ月で毎月スライド)

あっせん停止期間は、レース出走ができないので収入がなくなります。減俸処分といったところでしょうか。

レース展開で悪質な行為と判断をされれば「あっせんをしない処置委員会」から1カ月のあっせん停止処分がされ、重度な悪質行為の場合は1年以内の停止処分がされます。

失格に対しては厳しい処分が設けられています。

競輪選手の噂のお寺行きって?

京都府宇治市にある黄檗宗大本山の寺院・「萬福寺」
黄檗宗大本山「萬福寺」。京都府宇治市にある日本三禅宗の一つ黄檗宗の大本山

1カ月以内に違反行為や危険行為などを3回くらった場合は、「特別指導訓練」の強制参加となるのですが、1カ月に3回くらった場合は「修善寺」ではなく「萬福寺」に行くことになります。

京都府宇治市にある黄檗宗大本山の寺院・「萬福寺」までの交通費、受講費などがすべて自腹の強制参加。競走参加中と同様に携帯電話や電子機器類の持ち込み不可で飲酒厳禁、基本的に外出禁止の5泊6日の訓練になります。

その場所は禅寺。敷地内にある青少年文化研修道場にて連日、座禅を組み、周辺の掃除を行い、食事は精進料理という、厳しい禅の修行。自転車に乗った訓練は一切ない上に、肉類のない精進料理では動物性タンパク質は採れず、身体機能が衰えること必至な恐怖の「お寺行き」なのです。

ちなみに日本競輪選手養成所を卒業した後、5月中旬頃に新人宿泊研修をやるのも「萬福寺」なのですが、そちらは3泊4日。それよりも2日も多く修行をさせられるということで「お寺行き」を恐れる選手が多いのは無理もないでしょう。

 「失格2回じゃ、しばらくは大人しくしてるな」とか「重注が多いから負け戦で無理しないだろう」などといった予想の参考になるかもしれませんよ。

稼げている競輪予想サイト競輪チャリ活 競輪ギア 競輪ライジン 日本競輪投資会競輪JKI

競輪予想サイトBESTランキング


稼げている競輪予想サイトのオススメ情報を配信中‼︎
まずは、友達追加をしてね。

line@友達追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

LINE@で稼げる情報を配信中
友達追加はコチラ